SSブログ

第34回サロマ湖100㎞ウルトラマラソン

今年で12回目の参戦、10回目の完走サロマンブル―をかけた大会であった。

さかのぼる事今年の1月23日、この大会はエントリー合戦から始まる。

0kannmon.jpg

エントリーが始まると同時にクリック、クリックする指が小刻みに震える。

エントリー開始4分、無事エントリー終了。ゼロ関門通過である。

ここからが本番に向けて、本格始動、しかし外は雪、

雪が解ける3月までジムのトレッドミルで練習、

雪が解けてからは、平日20㎞、週末は小樽往復ランで練習を重ね、

大会前日までに、1500㎞走る。やることはやった。

後は本番に臨むだけ!

「練習は裏切らない」を心に刻み、スタートラインに立つ!

start.jpg

天候は曇り、雨模様の予報がはずれ、好スタート!

しかし、雨対策にとシューズに巻いた防水テープがあだとなり、

脚に不調を覚える。

42.195.jpg

42.195㎞地点を4時間51分で通過!去年より明らかに遅い!

55㎞のレストステーションまでなんとか足を運び、シューズを履き替えるも、60㎞、70km関門の関門時間まで20分残して通過、このペースでは次の関門が厳しくなる

1100aid.jpg

と、エイドで休憩をほどほどにペースを上げる。

幸いなことに、脚の痛みはなくなり、天気も後押しをしてくれる。

noborizaka.jpg

saromako.jpg

サロマ湖の青さ、まさにサロマンブルー、着実にペースが上がっていく。

おかげで80㎞では関門時間に40分の貯金ができ、完走が現実に近づいていく。

ワッカに入ると大空に不死鳥が舞っていた。

wakka.jpg

あまりの美しさに見とれていると、そこには罠が

tumaduku.jpg

jikogennba.jpg

この小山?に右足を獲られ、見事に転倒(+_+)

ひじと膝に擦過傷、これは痛い!

しかし、こんな時のための、傷パワーパッドに、背負ったハイドレーションの水

「備えあれば患いなし」その場で応急処置を行い、再び走り出す。

幸いなことに、ランに響くこともなく、ペースは維持!

orikaeshi.jpg

ワッカの折り返し90kmを11時間6分で通過、完走を確信

wakkablue.jpg

ワッカがこれほど穏やかな表情を見せるのは12年間走ってて初めて。

もう一往復したいと思うほど見事なサロマンブルー

後ろ髪をひかれながらワッカを出る。

2km.jpg

そして、12時間17分夫婦でゴール!


kannsousho.jpg

来年はブルーゼッケンに、足型作成です。

ashigata.jpg

これで、妻の仲間入りです。

(妻は今年で16回完走、あと4回でグランブルー、ゴールドゼッケンになります。

中々追いつけません)

終わってみると今年ほど100㎞が短く感じたことがありません。

「練習は裏切らない」が常に頭にありました。

この勢いで7月14日、津軽ジャーニー177㎞(制限時間37時間)に臨みたいと思います。

こうご期待!!



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。